ギフト券番号からアマゾンギフト券の金額を確認する方法

金額の不明なamazonギフト券の額面を確認する方法

MENU

プレゼントとしも利用されるカードタイプのamazonギフト券

amazonギフト券のカードタイプ

 

買取業者で換金されるamazonギフト券のほとんどはAmazonで購入することができるEメールタイプとなります。

 

これはAmazonから届くギフト券のメールをそのまま買取業者のアドレスに転送すれば簡単に換金することができるためEメールタイプが適しているといえるでしょう。

 

ではその他のタイプのamazonギフト券はほとんど使用されないのかといいますとそうではありません。

 

特にコンビニやディスカウントストアなどで購入できるカードタイプのamazonギフト券は自分で使用するだけではなく誕生日プレゼントなどでも利用されています。

 

この店頭で購入できるカードタイプのamazonギフト券の金額は

  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円

といった金額が予め決められているものの他にバリアブルカードという1,500円から50,000円まで金額を1円単位で選ぶことができるものもあります。

 

10,000円分のカードタイプのギフト券はカードの表面に金額が記載されていますが、バリアブルカードには金額の表記はありません。

 

そのためお祝いや誕生日などで友人からバリアブルカードのamazonギフト券をプレゼントされた場合にはギフト券の額面はわからないのです。

 

バリアブルカードのギフト券を購入した際のレシートには金額が記載されていますが、プレゼントされたもののレシートを確認する方はいないでしょう。

 

ではどのようにバリアブルカードのギフト券の金額を確認すればよいのでしょうか?


ギフト券番号だけで額面を確認する方法

カードタイプの金額確認

 

コンビニなど店頭で購入したバリアブルカードをプレゼントされた場合やEメールタイプのギフト券でもギフト券番号だけをもらった時にはいくらのamazonギフト券なのかはわかりません。

 

そのギフト券を自分で買い物に使用するのであれば特に問題ありませんが、換金するのであればギフト券を額面を知る必要があります。

 

ではどのようにすればギフト券番号からamazonギフト券の金額を確認することができるのでしょうか?

 

amazonギフト券の基本的な使い方としてはamazonのアカウントにギフト券番号を入力することによって残高としてチャージされます。

 

もしも他のアカウントに登録済みのギフト券番号だった場合、チャージすることはできません。

 

チャージされたギフト券は買い物の注文手続きの際に支払い方法として「Amazonギフト券」を選択することによってギフト券の残高で支払いが可能になります。

 

つまりアカウントにギフト券番号を登録することによってギフト券の金額を確認することは可能ですが、他のアカウントに移動することはできないため換金することはできなくなってしまうのです。

 

もらったamazonギフト券を買い物の支払いに使用するのであればアカウントにチャージすることで金額を確認できますが、換金する目的での金額の確認はどうのようにすれば調べることができるのでしょうか?

 

実はこのギフト券番号を入力しアカウントに登録する際には「amazonギフト券を登録する」というボタンのほかに「金額を確認する」というボタンがあり、そちらで確認することができます。

 

この「金額を確認する」のボタンをクリックしてもアカウントにはチャージされない状態で金額が表示されることになるため換金する場合にはこの方法が有効です。

 

ただし金額が確認できた場合であってもギフト券が無効な状態というのもありますで注意する必要があります。


amazonギフト券の額面が確認できても無効なケースとは?

無効なamazonギフト券

 

自分で購入したamazonギフト券はアカウントで金額をすることはでき、問題なく使用することができます。

 

しかし自分以外の方が購入したamazonギフト券というのはどのような状態なのかは判断することはできません。

 

なぜならamazonギフト券はギフト券番号という文字でしかなく、たとえ額面がわかったとしても本当に使用可能なものなのかはわからないのです。

 

このギフト券の金額が確認できたにも関わらず無効というケースはわずかしかありません

 

ほとんどのケースではアカウントで金額を確認した時点で

  • このギフト券番号は無効です
  • すでに他のアカウントに登録済みのギフト券です
  • amazonによりロックされたギフト券です

といった表示によって「無効」という判断ができ、金額が確認できるものはほとんどが有効なものなのです。

 

ではどのようなケースでは金額が確認できても無効なギフト券番号なのでしょうか。

 

すでに有効期限が経過しているケース

このアカウントでamazonギフト券の金額を確認する方法というのは実は金額を確認することができても有効期限を確認することはできません

 

2017年4月以降に発行されているギフト券はすべてのタイプの有効期限は10年に延長されましたが、それ以前のギフト券のほとんどは1年間しか有効期限はないのです。

 

そのため発行から1年間が経過してしまっているギフト券というのも少なくありません。

 

たとえばギフト券番号をアカウントに登録しアカウント内で有効期限が過ぎてしまうこともありますが、その場合は他のアカウントに登録済みと表示されます。

 

したがってアカウントに登録されていない状態で有効期限が過ぎてしまっているギフト券番号は金額を確認できますが、有効期限が切れているため使用することはできないのです。

 

ギフト券を再発行しているケース

Eメールタイプのamazonギフト券の場合、送信先となるメールアドレスを誤って送ってしまうことも少なくないでしょう。

 

そういったケースを救済する措置としてギフト券のメールを他のメールアドレスの送り直すことができる「再送信」があります。

 

ギフト券の再送信を行った場合、新たにギフト券が発行されメールアドレス宛に送られることになりますが、最初に送ったギフト券番号は使用できないものとなるのです。

 

ただこの使用できない状態のギフト券番号も金額を確認することができてしまいます。

 

したがってEメールタイプのamazonギフト券を再発行している場合も注意する必要があり、金額が確認できても使用できないこともあるのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

銀行口座は必須アイテム
アマゾンギフト券の買取やクレジットカード現金化でも銀行口座は即日振り込みのための必要な物なのであらかじめ用意しましょう
Eメールタイプギフト券の特徴
アマゾンギフト券にはいくつかの種類がありますが、その中でも優れた特徴のあるEメールタイプ
アマゾンギフト券の利用規約
アマゾンギフト券には細則という利用する際の規約が設けられております。それにより禁止されている行為もあります。
古物営業法の許可
アマゾンギフト券の買取業者は基本的に古物商の営業許可が必要となります
広告を掲載している買取業者
アマゾンギフト券の買取業者は営業するために多くの広告を掲載している業者も存在します
24時間営業の買取サイト
アマゾンギフト券の買取サイトの多くは24時間営業していますが、実際に夜中でも即日買取できるのでしょうか。
クレジットカードでアマゾンギフト券を購入するリスク
アマゾンギフト券の換金は主にクレジットカードによって購入されることが多いですが、利用停止などのリスクはあるのでしょうか?
新規利用者限定キャンペーン
アマゾンギフト券買取業者の多くは2回目以降のリピーターよりも新規利用者限定のキャンペーンによって高い買取率で換金することができます。
経験者が語るアマゾンギフト券を換金する際のリスク
初めてアマゾンギフト券の買取サービスを利用される方にとって少なからず不安はあると思います。アマゾンギフト券を換金する際に注意しなければならないリスクについての体験談