クレジットカード現金化がもたらす危険性とは

現金化 危険性

社会人の方ですとクレジットカードを所有されている人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

クレジットカードは現金の持ち合わせが無い時に使える大変便利なアイテムで活用される場面が多いと思われます。

 

皆様はこのクレカを使ったショッピング枠現金化をご存知ではないでしょうか。

 

クレジットカード現金化を利用した経験が無い方でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

 

クレジットカード現金化は大変リスクの高い資金策として今やグレーゾーンの領域に踏み込んでいる資金繰りと言われておりますが、昔とは違って利用されている方が多くなっています。

 

消費者庁や国民センターもクレカを使っての現金化はしないようにと呼びかけていますが、
キャッシングよりもお得だということから依然として利用者が減りません。

 

クレジットカード現金化がもたらす危険性とはどういったことがあるのか立証してみました。


クレカの現金化は事実上貸金業

現金化 貸金業

そもそもクレジットカードのショッピング枠現金化とはどんな物なのか検証します。

 

現金化業者の大半がキャッシュバック方式を用いた方法で特定の商品を購入していただいた特典としてお金を利用者の指定の銀行口座へ振り込みますので、通常のクレカの買物と何ら変わりが無く支払い方法も選ぶことができ返済はカード会社にすれば良いだけです。

 

それぞれ各業者はキャッシュバック方式だけではなく買取方式を取り入れた古物営業許可を得ている現金化業者もおり取引方法は様々となっております。

 

その中でもキャッシュバック方式の現金化業者は違法性を指摘されているのですが、どのような点があるのでしょうか。

  1. 金額に見合った品物を販売していない
  2. 利用者が購入した商品とは異なった物を配送している
  3. 購入品を利用者へ送り届けていない
  4. カード会社の利用規約違反を犯している

4番についてですが、カード会社は換金を目的としたクレジットカードの使用を禁じていますので現金化業者だけでなく利用者も違反をしています。

 

1番から3番について成立していませんとショッピングとみなすことができずクレカの現金化は事実上貸金業と判断されるだけでなく逮捕業者も出てきました。


利用者の逮捕の一例はないが先のことは分からない

利用者 逮捕 一例

クレジットカード現金化のサービスを運営している会社が警察へ摘発されたのは運が悪かったからではありません。

 

上記にも申し上げましたように貸金業登録の無い金融会社と判断された為です。

 

何故、警察が逮捕するまでに至ったのかといえばキャッシュバックされる際のあまりにも低すぎる換金率や契約を強要したりということが被害届として多く提出され警察も動かざるを得ない状況になったからでしょう。

 

現在、法律上ではクレジットカードをキャッシュバックを目的で使用したことが発覚した場合、罪に問われることはありませんが今後一切の使用を禁止されてしまう代償がつきます。

 

クレジットカード現金化利用者の逮捕の一例はありませんが先のことは分かりませんので、ひょっとしたら利用側にも問題が出てくるかもしれませんね。