拡大するアマゾンギフト券を送らせる詐欺の手口

アマゾンギフト券の詐欺被害

これまで詐欺の手口というのは何らかの方法で現金を騙し取るのが定番でしたが、近年は現金だけでなく換金性の高い電子マネーも詐取するように移り変わりはじめてきています。

 

この「詐欺」という悪質極まりないビジネスは古くから存在しており現在でも多くの詐欺の手口が暗躍しています。

詐欺に電子マネーが悪用されるワケ

なぜこれまで現金を奪われていたのに、電子マネーが悪用されるようになったのかという点ですが、その理由というはいくつかあります。

詐欺に対する予防策の強化

詐欺には色々な種類がありますが、基本的に被害者に会うことなく電話やメールでのやりとりで騙すというのが一般的です。当然ながら犯罪行為ですからバレた場合は逮捕される可能性があるので表にはでません。そしてお金も銀行口座での振込がもっとも多いケースとなっています。しかし最近では詐欺に使用された口座はすぐに凍結されてしまい利用できなくなてしまいます。そういったことから口座への振込は減少傾向にあります。

電子マネーの匿名性

アマゾンギフト券などの電子マネーというのはアカウントがあれば使用することができます。このアカウントを作る際には特に身分証明書などの確認はなく、誰でも簡単に作ることができます。つまり架空の名前でも使用することができる匿名性の高いものなのです。電子マネーを詐取し架空名義のアカウントで購入しどこかに商品を送らせれば足がつくことはないでしょう。

電子マネーの性質

詐欺が悪用する最大の理由はアマゾンギフト券などの性質にあります。このようなバーチャルギフト券Eメールタイプのものもあり、メールでも送ることができます。つまり文字の羅列にギフトコードの価値があるのです。なので被害者にコンビニエンスストアなどでアマゾンギフト券を購入させそのギフトコードをメールなどで送れば済んでしまうという、詐欺業者にすれば安全性の高い最適な方法なので拡大する理由となっています。

最近のアマゾンギフト券を悪用した詐欺被害

『督促状』延滞損害金の請求

山形県在住の20代の男性が遅延損害金の請求名目による架空請求により68万5千円分のアマゾンギフト券を騙し取られました。
情報サイトの退会手続きを申し込んだ。退会費や民事訴訟取り下げ費用などとしてギフト券購入を要求されコンビニエンスストアでアマゾンギフト券を購入。詐欺業者の指示通りにギフトコードの画像をメールで送信したという。

インターネットサイトの登録費

携帯電話で「男性とメールをやりとりするだけでお小遣いがもらえる」というサイトの書き込みを見て申し込んだ。その後、「登録費として(電子マネーの)ポイントが必要」「アマゾンギフト券の番号を写真に撮りメールで送って」などと返信があり、6日と7日の2回、通販用のアマゾンギフト券計7万円分を同市内のコンビニエンスストアで購入し、ギフト番号を撮影してメールで送ったという。さらに5万円のアマゾンギフト券の購入を求められたため被害を相談したという。

 

このようにコンビニエンスイストアで購入でき、その場で写真を取りその画像をメールで送るという共通の手口で被害はでています。不審なところから電子マネーを購入するような指示があった場合は注意しましょう。